ディスプレイを接続していないWindowsにChromeRemoteDesktopで接続すると重くなる場合はHDMIダミープラグを挿すと良い

自宅のWindows環境はファイルサーバ・DLNAサーバとして常時起動させています。

Windowsでなにか作業をすることはほとんどないので、いっそのことディスプレイを接続するのをやめることにしました。

たまに触るときはChrome Remote DesktopでスマホやMacからアクセスしていたのですが、どうもディスプレイを接続していない環境にChrome Remote DesktopでアクセスするとOS全体のパフォーマンスが著しく低下するようです。

原因はよくわかりませんが、ディスプレイを繋いでいれば快適に動くので、試しにHDMIダミープラグを買って挿してみると案の定快適に動作しました。

なんのために使う製品なのかわかってなかったですが、こういう使い方もあるんですね。

Amazonレビューを見ると、解像度の高いディスプレイを持っていないけど作業スペースを広く使いたい場合に、4Kのダミープラグを指し、あえてリモートで接続することで疑似4Kで作業できるため、自宅環境が整っていないリモートワーカーに人気があるらしい。

MacBookで4K120Hzを出力できる組み合わせ

現行のMacBookシリーズは高解像度かつ高リフレッシュレートな映像出力が不安定で、マシン・OS・接続方法の組み合わせで出力できたりできなかったりする。
それを備忘録的にまとめてみます

① MacBook本体

そもそもの話なのだけど、MacBookやiMac本体のディスプレイは解像度こそ高いがリフレッシュレートは60Hzです。
FHD@120Hz程度ならどんなMacでも出力可能ですが、4K@120Hzとなると4倍の演算能力が必要になるのでマシン自体が限られてくる
具体的に言うとIntel Graphicsでは演算能力が足りず出力不可能です

4K120Hz出力ができるMacBookは、

  • M1 Mac
  • Radeonなどのグラフィックチップを積んでる Intel Mac

M1か16インチのIntelMacを選んでおけば間違いないです

6K@60Hzや8K@30Hzの出力が可能なグラフィック能力があれば理屈では4K120Hzも出力できるはずで、MacBook以外もこの理屈でOK
eGPUでもイケるみたいです

② MacOS

ここに1つ目の落とし穴があります

M1 Mac

BigSurで出力可能。それ以外に選択肢もないので迷うことはありません

Intel Mac

BigSurでは4K@120Hz出力ができません
おそらくソフトウェア的なバグがあるので、現時点ではCatalinaを使うことをオススメします

③ 接続インターフェース

ここにはThunderboltやUSB-Cの複雑すぎる規格とMacの中途半端な実装に落とし穴があります

4K@120Hzの転送をするために注目すべき箇所は

  • Thunderbolt3もしくはUSB4ケーブル
  • DisplayPort 1.4対応 (= HBR3対応)
  • ケーブルの端子は USB-C to DisplayPort

HBR3と記載のあるThunderbolt3であればスペックは足りているのですが、Macのソフトウェア的な問題なのか、 ディスプレイ側はDisplayPortでないと4K@120Hzで出力ができません
Apple純正のThunderbolt3ケーブルでも無理でした。
(M1 Macでは試せていないので、両端がUSB-CなThunderbolt3ケーブルでも出力可能かもしれません)

菅沼環境ではこのケーブルで4K@144Hzを確認してます
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B083V6VMNM/


上記をすべて満たした環境で、対応したディスプレイに接続すればOK

システム環境設定

[ディスプレイ]

optionを押しながら 解像度の[変更]

[低解像度モードを表示] にチェック

とすると、リフレッシュレートの選択肢が現れるはずです

DisplayMenu等のアプリでも設定可能ですが、なぜか8bitカラー(ARGB8888)になってしまうので、システム環境設定から変更することをオススメします

事務所に二酸化炭素濃度センサーを導入した

弊社事務所の入居する建物は、築50年近くになるマンションです。

オフィス向けに内装をリノベーションこそされているものの、壁がコンクリートに直接壁紙を貼ってあるような状態なので、冬場はエアコンなんかじゃ全然暖まりません。

幸いにもガスコンセントが設置されていたので、入居当初からガスファンヒーターを設置して越冬しています。

ガスファンヒーターはエアコンとは比にならないくらい暖かく、ガス燃焼の副産物として加湿機能も付いているので、とても快適な冬を過ごせています。

ただし、やはり空気中の酸素を使って燃焼させる仕組み上、定期的な換気が欠かせません。

最長でも8時間しか連続稼働できない仕様になっていますが、使い方を間違えると一酸化炭素中毒で死亡事故にも繋がります。

そこまでじゃないにしろ、しばらく稼働して酸素濃度が減ってくると頭痛や軽い吐き気を催すなどの体調不調が起きるので、そのタイミングで空気の入れ替えをする運用をしていたのですが、体調不調がおきてから行動するのはどう考えても危険なので、できれば事前に換気のタイミングを知ることのできる手段を用意する必要性を常々感じていました。

そこでIoTの力を借りるべく、Smart Indoor Air Quality Monitor をで購入。

Netatmoは、スマートホームデバイスを製造しているフランスの会社です。

日本で取り扱いはありませんが(以前は代理店があったみたいだけど、なくなったっぽい)、AmazonUKで購入可能で、日本国内へ送ってくれます。

本体は想像のふた周りは小さく、iPhoneXと並べてもそれほど大きさに差はありません。

付属のACアダプターはBFタイプと呼ばれる形で、日本で使うには変換プラグが必要になりますが、本体差込口はUSB type-Bなので適当な給電環境で賄えることが多いと思います。MacbookProとのUSB接続でも問題なく動きました。

センサーは4つあって

  • 気温
  • 湿度
  • 二酸化炭素濃度
  • 騒音レベル

が専用のアプリから確認できます。

二酸化炭素濃度に関しては、ExcellentやBadなど、4段階程度の閾値があり、それを跨ぐタイミングでアプリに通知が来る仕組みになっています。

菅沼個人の感覚では5000ppmを超えたあたりから(センサーの上限が5000ppm)明らかな体調不調が起こるので、それに達する前に換気するよう心がけることができるようになりました。

できれば「3000ppmを超えたら通知」みたいな設定を自由に指定できたら良かったのですが、決められたタイミングで通知されるものを受け取るか否かしか決められないのが少し残念なところ。

連携できるアプリ(デバイス)数に制限がないので、スタッフ全員がそれぞれ通知を受け取れ、各々のタイミングで換気ができるのは良いところでした。

Smart Indoor Air Quality Monitorは、Weather Stationの廉価版のような製品で、こちらにはより詳細なWebインターフェースがあるみたいなので、もしかしたらこっちなら詳細な通知設定ができるのかもしれません。


二酸化炭素濃度が高い状態だと、頭痛や吐き気の他にも、眠気や集中力の低下に繋がるらしいので、見に覚えがある方は換気を心がけるか、このようなセンサーを導入してみると面白いかもしれません。

ちなみに、弊社環境ではガスファンヒーターを点火してから2時間程度で5000ppmを超えます。

ガスファンヒーターを付けずとも、35平米程度の部屋に2〜3人いるだけで二酸化炭素濃度はグングン上がっていきます。

酸欠状態は思ってたよりも身近にあって、チーム全体の仕事のパフォーマンスに直結するのであまり蔑ろにできないというのがこの件の気づきです。

Web制作の現場で使える最強ディスプレイ

主にフロントエンドエンジニアやウェブデザイナーはどんなディスプレイを使うべきなのか、改めて今という時代を鑑みて考えてみた。

今使っているディスプレイ

今、弊社ではLGの24UD58-Bを人数分買って各自で使っている。

物理的なサイズや解像度は満足しているし、高級なリファレンスモニターと見比べたこともないので色に関しても劣っていると感じたことはない。

このスペックで3万円程度で購入できるのであればとてもいい製品だと思っている。

ユーザーの使っているディスプレイ

今の時代、普通の人はみんなスマホを持っている。

調べていくうちに、スマホのディスプレイは実は制作現場で使っているディスプレイより遥かにハイスペックであることがわかってきた。

制作現場よりエンドユーザーのほうがスペックが高い時代なんてあっただろうか?今の状況おかしくないか?

どう考えても良くないだろう。

制作現場で使える最強のディスプレイを探す旅に出ることにした。

高画質とは

そもそも良いディスプレイとは何なのかを知る必要がある。

こちらの高画質についての解説を見るとわかりやすいのだが、
https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/hdr/

大きく分けて5つのスペックで画質の良し悪しが決まるという。

  • 解像度
  • ビット深度
  • フレームレート(リフレッシュレート)
  • 色域
  • 輝度

ディスプレイのトレンド

現状のハイエンドに位置するスマホは、以下のようなスペックが主流だ。

  • Retinaなどの高解像度ディスプレイ
  • 10億色表示可能
  • 90Hzや120Hzなど高リフレッシュレート
  • Display P3 色域対応
  • 有機EL

弊社で使っているディスプレイは解像度と色深度こそ高いものの、それ意外は完全にスマホに劣っている。

MacbookProのディスプレイでさえ、P3に対応しているくらいで、有機ELで高リフレッシュレートなスマホには劣っていると言わざるを得ない。

制作現場として必要な要件

5つのスペック項目ごとに要求スペックを決めていく。

1. 解像度

4K がほしい。

スマホは解像度こそ高いがドットバイドットでコンテンツを表示することはあまりないので、作業スペースという意味ではそれほど広いものは必要ではない。
ただ、やはりスマホユーザーがRetina前提なので制作現場がRetina相当でないのはおかしいと思う。

また、一般的なPCユーザーはフルHDが主流だとすると、フルHDが作業スペースでは狭いだろう。
2K程度の解像度をドットバイドット以上で表示できるディスプレイが必要なら、やはり最低でも4Kはほしい。

ドットバイドットで表示する時代はとっくの昔に終わったのだ。

2. ビット深度

できれば True 10bit がいい。
妥協して8bit+FRCでもいいかもしれない。

最近のディスプレイは10億色を謳っているものがほとんどなので、少なくとも8bit+FRCではあるみたい。

3. リフレッシュレート

120Hz 程度はほしいところ。
iPad Pro シリーズがProMotionという名前で120Hzディスプレイを搭載しているので、これを基準としたい。
Pixelを始めとするAndroid機も高リフレッシュレートなデバイスがスタンダードになりつつある。
おそらく遠くない未来でiPhoneシリーズにもProMotionが搭載されるだろう。

Webでアニメーションを作る際に、一般的に60fpsを維持すると良いとされているが、今後その基準を120fpsに引き上げて作っていきたい。

4. 色域

Apple様が提唱する Display P3 への対応。

AppleがsRGBを置き換える次世代の規格として推してるの色域なので、iPhoneからMacbookまで、Apple製品はすべて対応を謳っている。
Androidもこれに追従する形でOS側が対応を始めたので、デバイスもP3対応機種が増えつつある。

100%は難しいとしても、最低でも95%以上でなるべく高い数値だととても良い。
価格との兼ね合いになりそう。

5. 輝度

ダイナミックレンジが大きいに越したことはないが、Web制作の現場では、それほど重要ではないかなと思っている。
今回は 一般的な値であれば十分 という要件にしよう。

黒の表現という意味では、現状スマホのスタンダードになっている有機ELに勝るものはないので、可能なら制作環境も有機ELにしたいのだが、大きい有機ELディスプレイは量産されておらず、現実的に買える値段で売っていないので諦めざるを得ない。
今年に入ってようやくLGから発表された有機ELのPC用ディスプレイが唯一選択肢になりえるかもしれない、というレベル。
マイクロLEDなどの新しいアプローチの製品も考案されつつあるので、もう少し手に入れるには時間が必要のよう。

製品を探す

要求スペックをまとめるとこうなる。

  • 解像度:4K
  • ビット深度:10bit
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 色域:P3 95%

これを基準に、ジャンル別にディスプレイを探してみた。

リファレンスモニター

リファレンスモニターと呼ばれるEIZOやSONYの高価なディスプレイは正しい色を表示することに関して非常に長けていて、これはこれで価値のあるものだと思うのだけど、Web制作の現場ではオーバースペックか。

  • 色域すごい
  • キャリブレーション機能がついていたりする
  • リフレッシュレートは普通
  • 高価

映像や写真のクリエイター向けに作られていることが多く、高価な割には高リフレッシュレートな製品は作られていないみたい。

ゲーミングモニター

一般的なゲーミングモニターと呼ばれるジャンルのディスプレイの特徴は、

  • 応答速度が早い
  • リフレッシュレートが高い
  • フルHD解像度
  • 色域は非公開(よいものではない)

リフレッシュレートが高いのは良いことだが、解像度がフルHDに抑えられているのは必要とされていないからだろう。
リアルタイムレンダリングを主とするゲーム用途では高リフレッシュレートな4Kは出力側のマシンスペック的にまだまだ難しい。
具体的に言うとPS5レベルの次世代ハードウェアが必要になる。
今後ハードウェアに合わせてよりハイスペックな製品が登場するのだろう。

応答速度は制作現場にはあまり重要ではない。

どうやら需要がないらしい

リファレンスモニターやゲーミングモニターを調べてみて感じたのは、要求スペックに合う方向性の製品がほぼ存在しないということ。

映像制作現場では高リフレッシュレートは不要だし、ゲーミングモニターでは高解像度と広色域は不要なのだ。

見つけた理想のディスプレイ

Eve Spectrum

クラウドファンディングで資金調達したフィンランドのeveというスタートアップの製品。

  • 4K
  • 8bit+FRC
  • 144Hz
  • P3 98%
  • DisplayHDR 600

色深度こそなんちゃって10bitだが、それ以外は完璧に要件を満たしている夢のような製品。
価格も709ドルと、AppleのPro Display XDRやDELLのUP2720Qなんかと比べても圧倒的に安い。

さっそくポチってみた。
3月頃に注文したら4月末に届くらしいが、この会社は以前の製品でとんでもない遅延をしたらしいので、気長に待つことにする。

もし無事に届いて気が向いたらレビューでもしてみようと思います。

ちなみに

後で発見したのだが、EveのSpectrumは、おそらくLGの27GN950-Bと同じパネルなのであろう。

LG 27GN950-B

スペックがほぼ同じだ。

ただし、LGのほうが価格がちょっと高く、背面がレインボーに光る。
個人的には多少のリスクを抱えてもSpectrumを選んだが、好みにあうのであればLGを選んでもいい買い物だと思う。